2017年10月01日

焼津オータムフェストに出店

焼津オータムフェストに出店

こんにちは、みわっちです!

夏も終わり涼しくなってきましたが、10月1日に焼津の秋の収穫祭(オータムフェスト)として、老若男女にたくさんの市民が集まるイベントに出店して来ました。
我らチームやいぱるではお菓子のつかみどりとスーパーボールくじを出店しました。

IMGP1966



「さぁ!たくさんの人に来てもらって楽しんでもらうぞ!」とモチベーションが高まった中、「てか、あれ!?準備は大丈夫?」なんと当日で、準備がワタワタどうしよ〜。ところがドッコイさすが!みんなで協力するとなんとかなるもんだねー」

準備完了「お客さん呼び込んで〜!」「ほうんとうにお客さん集まってくれるかな?」そんな心配もよそに「たくさんアメがとれたー」

スーパーボールくじでは「あの大きなスーパーボールほしいー」中には何回も気になったボールを手に入れるまで挑戦がいたり...

こどもたちが楽しんでくれて、やいぱるも私たちも自然と笑顔になれて、癒されることばかりでした。
お昼も海の幸からお肉、お菓子まで食べ歩いてお腹も心も満たせてータータムフェストを満喫することができました。


IMGP1942

午後になった頃にはお菓子完売スーパーボールは2番目の大きなボール目当てに好調!
そして、二番の大きなボールを手にした男の子は満面の笑みスーパーボールも完売!
200人以上のお客さんがやいぱるのブースで楽しんでくれました。
そして、忘れていませんよ中高生を中心にやいぱるの宣伝もバッチシ!!

IMGP1957

そんなこんなで「やいぱる」に立ち寄ってみては!「人見知りだから不安だなー」という気持ちも初めのうちだけ、全力でみんなの学校での悩みや不安も聞きますよ!

11月12日にはカツオFesという音楽イベントもやります。
そちらもぜひぜひ!!

それではまたやいぱるで

ミワっち(文責)

yaiparu at 18:17|PermalinkComments(0)

2017年09月15日

Water Bomb Battle in Yaizu

Water Bomb Battle in Yaizu 
         暑い夏 今こそ、水風船だぁ! 

~やいぱる夏休みの記録 Part 3〜

こんにちは、夏休みの記録パート3ということで、高校生が企画した水風船大会についてお伝えしたいと思います。
これは、高校生の「暑い夏に水風船を思いっきりしたい」「たくさん作れる水風船をやってみたい」と始まった企画です。
当日までに、公園の許可をとったり、参加者を集めるために近所へポスティングをしたりと、「あれもしなきゃだ〜」と焦りながらも、準備をしてきました。


IMG_3260

午前中から最終の準備を始めて、イベントの看板も素敵にできました。
準備OKで午後一番で、会場の公園に向かいました。


IMG_3261

イベントでは、事前に作った水風船を暑い中に置いておいたら、お湯になってしまうというハプニングも…
でも、広い公園で思いっきり遊ぶのはいいですね〜
スタッフも一緒に全力で遊びました

21742189_825524524285804_1081322395_o

地元の小学生も来てくれて、企画は成功!!
参加者からは「100円で水風船こんなにできるなんてちょーお得!」「またやって欲しい」という声も…

企画した高校生は「こんなに企画するのが、大変だと思わなかった。」と言っていましたが、終わった後の感想では「広報がうまくいかなかったから、次はもっと工夫したい」次を考えている様子も

やいぱるでは、こんなふうに、利用する若者の「やりたい」を応援しています。
何かやってみたいと思ったら、スタッフまで声を掛けてみてねー



2017年09月11日

「Youth Euphoria Summer Camp」

「Youth Euphoria Summer Camp」

~やいぱる夏休みの記録 Part 2〜

8月の中旬に高校生たちが企画するサマーキャンプが実施されました。

「中高生だけの青春の思い出を焼津でつくろう」をスローガンに
・他の学校や他の学年の人と交流して思い出を作る
・地域づくりについて知ろう
・学校でできないことを中高生だけでやる
を目的に高校生たちが企画をしました

P8151193

サマーキャンプを計画する時に「みんなで遊ぶのもいいけど、せっかくやいぱるでやるんだし、焼津のことを考える時間があってもいいよね」という声もあがり、焼津について考える時間もプログラムの中に入ったり、「外で思いっきり遊べなくなったから、サマキャンで思いっきり外で遊ぼう」という声から水風船で遊ぶことになったり、自分たちでプログラムをつくっていきました。

当日までには「お金の計算しなきゃ」「どうやって参加者を集めよう?」「予定していた場所が使えない、どうしよう?」「企画メンバーの予定が合わない」と初めての経験に四苦八苦しながら、施設の予約や会計など、準備を進めて来ました

サマーキャンプにはスタッフも含めた20人ほどの中高生が集まり、実行委員会で考えたプログラムを進行していきました。2日間の様子をお伝えしていきます


P8151093

1日目の午前中、参加者が集まり、実行委員が自己紹介のゲームをしました。まだ、緊張している様子です

LINE

そのあとは、3000個の紙コップを使いチームごとに紙コップタワーつくり、チーム力を競いました

LINE

午後には、サマーキャンプの目的でもある外遊び、水風船で思いっきり遊びました

LINE

夜、キャンプの定番のカレーづくり 
材料は前日に実行委員会が買い出しに行ってきました。
水の量が多くてスープカレーのようになってしまいましたが、それも思い出ですね!


LINE

2日目はワークショップを通じて、焼津のGoodとBadを出し、そのgoodをどうしたらもっとgoodにできるか?badはどうしたら、goodにできるか考えました。
それぞれユニークな企画が出来上がりました。少し紹介します。


P8161284


LINE

①焼津で有名なオオグソクムシのゆるキャラを作る企画


LINE

②清掃業者や地域の人と協力をして、交流を目的に商店街をキレイにする清掃部隊
 

LINE

③観光客をターゲットに見るだけでなく、焼津の海の幸を味わえる食べられるお魚水族館

LINE

④焼津の食文化を子どもたちに「一緒につくろうやいづメシwith ゆるキャラ」

様々なユニークな企画がでました。ぜひ、企画を実現してほしいなと思いました。

2日間が終わり参加者からは、「楽しかった!!」「どうなるかなぁと思っていてけど、いろいろな人と仲良くなれてよかった」という感想が聞けました。
実行委員会のメンバーも嬉しそうに、「準備が大変でどうなるかすごく心配だったけど、やってよかった」と充実した顔でした

最後に、この企画はキリン福祉財団の子どものちから応援事業として、助成をいただき、また様々な方々の協力で実施することができました。キリン福祉財団様、協力してくださった皆さまありがとうございました。